忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/05/27 08:18 |
愛犬と行くバスツアー
わんにゃん茶館で愛犬と行くバスツアーを紹介していました。

7月13日は、桂亜沙美さんがゲストで、トイプードルのキキちゃんと一緒でした。

桂亜沙美さんは、朝ドラ「ゲゲゲの女房」でヒロインの兄嫁の邦子役をされています。




撮影の空き時間には、出演者の方々とペット自慢をされているそうです。

キキちゃんは、桂亜沙美さんにとって娘のような存在だそうですが、ドラマでは母親になりましたが、キキちゃんと母と娘の疑似体験をしているのが、演技につながっているそうです。

今回のペットストリートジャーナルは、「愛犬と行くバスツアー」でした。

この人気のバスツアーは、朝8:30分に池袋を出発し、日帰り10時間コースで
1万円のツアーでした。

バスの座席には抗菌防水シートが被されているので、キャリーケースに入れなくても、
飼い主の膝の上で連れて行かれます。


ひたち海浜公園では、広々としたところでワンちゃんたちも飛び跳ねていて、
飼い主さんは、こんなに楽しそうにして、活き活きしている愛犬を見るのが嬉しいとコメントしていました。

食事も愛犬と一緒ですし、参加者みんなで写真撮影もしていました。

普段とは違う場所へ連れて行くことで、ワンちゃんたちもストレス発散になるそうです。

ちゃんとしつけをしていれば、ワンちゃんも楽しく、飼い主も楽しく過ごせますね。

ツアーは、こんな感じだったのでしょうか?
>>http://www.marchs.co.jp/park/event/bus/20100418.html


ところで、ゲストの桂亜沙美さんが犬を最初に飼ったのは、小2の時でした。
クラスでハスキーとシェパードのMIXを飼って、先生と犬との信頼関係が羨ましかったそうです。

母親にパグなら飼ってもいいと言われ、可愛がった犬の名は「パンチくん」、タッチのパンチから命名し、弟のようだったそうです。

桂亜沙美さんが19歳の頃、パンチくんは体調を崩し寝たきりとなり、20歳の誕生日の次の日に亡くなったそうです。
12歳でした。

その後2年間は犬を飼う気にはなれなかったようですが、
2年たってからキキちゃんを飼うことになり、キキちゃんとしっかり信頼関係が築けているそうです。

愛犬と行くバスツアーにも、とても興味を持たれ、
こんど是非参加したいと仰っていました。

桂亜沙美さんは、お仕事などで家を空けるときは、母親にキキちゃんのお世話を頼むそうです。


ひとり暮らしで犬を飼いたい人にオススメの本です。

ひとり暮らしで

ひとり暮らしで

価格:1,260円(税込、送料別)




PR

2010/07/15 23:32 | Comments(0) | TrackBack(0) | 犬のテレビ・映画

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ヒグマ対策犬の北海道犬 | HOME | 宇宙犬作戦の翻訳コンピュータ犬、スプート29 - ディーノ>>
忍者ブログ[PR]