忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/09/25 02:10 |
捨てられた子犬、安楽死から生き返った
捨て犬や捨て猫の問題は、日本ばかりではないですね。

アメリカでも、動物愛護ホームの外に、ケージに入れられた6匹の子犬が捨てられていました。

動物愛護センターのような所なら、きっと育ててくれる飼い主を見つけてくれると思ったのでしょうね。

どんな人が捨てたのでしょうか?

愛犬に避妊手術を受けさせていなかったので、子犬が産まれてしまった?

そんなところでしょうか?

そんな身勝手なって思いますが、実際のところ、名乗っていないので捨てた人は分かりませんが・・・。


捨てられていた6匹の子犬は、痩せこけて弱っていたそうです。

ホームの方も、こんなに痩せていては飼い主を募集することが難しく、安楽死という苦渋の決断をされたそうです。

6匹の犬を同時に安楽死させた場所は、アメリカ クラホマ州のサルファー動物愛護ホームでした。

そして、安楽死の翌朝元気に生き返った子犬1匹を見つけたそうです。

その子犬は、動物病院でも健康上問題なしと診断され、「幸運の子犬」ということで、飼いたいという希望者が殺到しているそうです。

ということで、安楽死したはずの子犬が生き返った?とアメリカで話題を呼んでいました。

生後3カ月のこの子犬、「ウォーリー」と名付けられました。


ウォーリーにいい飼い主が見つかりますように・・・。

わさおの飼い主の、菊谷節子さんのような・・・。






ウォーリーの動画は、Rocket News24で! >>http://rocketnews24.com/?p=77826
PR

2011/03/05 11:10 | Comments(0) | TrackBack(0) | 犬のニュース

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<犬の飼い主検定試験受付中 | HOME | 愛犬の体に必要な成分が、足りているかどうかの検査>>
忍者ブログ[PR]