忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/09/25 02:04 |
がん探知犬の育成
がん探知犬という働く犬のテレビ番組を見たことがあります。

麻薬の匂いを嗅ぎつける麻薬犬ならよく耳にしますが、 人間のがんの匂いを嗅ぎつけてしまう犬には驚きました。

一体どうやって訓練しているのでしょうね。

犬が、呼気の匂いで、がんかどうかを判別できれば、がんの早期発見ができ、命が助かるかもしれません。

犬の病気で“犬のがん”もかなり多いので、犬が人間のがんだけでなく、犬のがんも発見してくれるようになればいいですね。

実は、我が家の愛犬2頭もがんで亡くしています。

がん探知犬の訓練方法ですが・・・。

病院の協力で、がん患者の呼気を集め、それを犬に嗅がせて覚えさせるのだそうです。

犬が嗅覚で人間の癌を見付け出すという研究論文によると、驚異的な探知成功率だそうです。

・肺癌では感度、特異性ともに99%

・乳癌では感度99% 特異性 88%




犬の嗅覚はほんとに素晴らしいですね。

がん探知犬は、日本にももちろんいます。

がん探知犬育成センター「St Sugar」 (セント シュガー)には、 ラブラドールレトリーバーのがん探知犬がいます。

マリーン、ファロ、パール、シェル で、パール以外は、黒ラブです。

銀座のビルの屋上で、探知犬マリーンの巨大看板を見かけたことありませんか?

セント シュガーでは、再発予防の方のみですが、がん探知犬の臭気判定を始めたそうです。 >>http://www.stsugar.com/kyushin/index.html

犬の訓練師 佐藤悠ニさんは、ほぼ 100% がん患者の呼気から嗅ぎ分けられるよう、がん探知犬の訓練をされました。

胃がん・肺がん・膵臓がん・乳がんなど18種類もです。

セント シュガーでは、がん探知犬の育成募金と、 がん患者の呼気の提供を求めています。 >>http://www.stsugar.com/shien_bokin/shien_bokin.html

「ローズがくれた人生」感動物語です。



この本を購入すると募金につながるそうです。
PR

2010/06/26 18:50 | Comments(0) | TrackBack(0) | 働く犬

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<愛犬の歯のお手入れ | HOME | 老いたペットと暮らす わんにゃん茶館より>>
忍者ブログ[PR]