忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/08/21 09:09 |
セラピードッグ チロリとの初めての出会い
★本日の仔犬はこの子です。



将来は、セラピードッグ??


大木トオルさんがチロリに出会ったのは、1992年のことでした。

若い母犬と5頭の子犬が、ごみ収集場に捨てられていたそうです。
近所の子どもたちにより、センターへ連れていかれました。

この母犬がチロリです。

泥まみれで、傷だらけ、首輪が首に食い込んでボロボロ、片耳は垂れてしまい、後ろ足には障害があったそうです。

殺処分寸前のところで、動物愛護センターから大木さんが引き取り、シャンプーをし、ベッドに寝かせ、愛情を注ぎました。
チロリは慣れない生活に最初は戸惑っていたそうですが、しだいに笑顔を見せるようになっていきました。

そして、チロリは第1号認定セラピードッグとして、
日本で最初のセラピードッグとなったのです。

チロリの口をほころばせてニッコリする笑顔は、私はたまりません。


チロリの産んだ5頭の子犬たちも、それぞれ里親に引き取られました。
13年後にチロリは、レオと名づけられた息子に再会することができました。
レオはチロリと瓜二つだったそうです。


2005年の12月に、チロリは乳がんとなり余命3ヶ月となりました。

チロリは最後の最後まで、人のことを思いやって、痛みをこらえ笑顔を見せていたそうです。

2007年の春、チロリの一周忌、チロリのブロンズ像が建立されました。

名犬チロリ記念碑  東京都中央区築地川銀座公園


今、大木さんたちと活躍しているセラピードッグは、チロリと同じで捨てられた犬たちです。

心もとない人間によて、心の傷を負わされた犬たちは、深い愛情の元で育てられ、人間との信頼関係を取り戻し、チロリのように誰かを助けられる、人の心の痛みのわかる犬となっています。

名犬チロリに続くセラピードッグたちが、次々と誕生しています。


捨て犬がいなくなる世の中に、早くなって欲しいです。


国際セラピードッグ協会
代表 大木トオル
〒104-0061
東京都中央区銀座8-11-13 エリザベスビル4F
TEL:03-5537-2815  FAX:03-5537-2817 
http://www.therapydog-a.org/




PR

2010/04/30 09:18 | Comments(0) | TrackBack(0) | セラピー犬

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<日本の犬の毛並みには、理由がありました。 | HOME | 「セラピードッグの世界」を読んでチロリに癒されました>>
忍者ブログ[PR]