忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/10/16 08:34 |
難病の女の子の命を守っている犬
イギリスに住む、ラブラドール・レトリバーのシャーリーは、
難病の7歳の女の子、レベッカと1年前から一緒に小学校へ通っています。

レベッカの病気は糖尿病の一種で、
シャーリーだけがレベッカの血糖値を嗅覚で知ることができるそうです。

レベッカは、低血糖の発作が起きるとこん睡状態になり、
1日に何度も生命の危機にさらされるのだそうです。

シャーリーはレベッカの変化を嗅ぎとると、レベッカの手を舐め続けるのだそうです。
レベッカや教師が気づくまで・・・。

でも誰もシャーリーのサインに気づいてくれない時は、
レベッカの膝の上に乗ったり、
時には治療キットを持ってきたりしてアピールするそうです。

シャーリーは毎日小学校へ通い、
教室でレベッカが発作を起こさないように見守っています。

犬の能力にはいつも驚かされます。

シャーリーがいないとレベッカはどこへも行けず、何もできませんね。

シャーリーがいるだけで、レベッカとご家族の方々は安心できますね。
シャーリーとレベッカ、一心同体ですね。

こちらで、レベッカから片時も目を離さないシャーリーを見ることができます。
http://www.dailymail.co.uk/health/article-1353838/Dog-smells-diabetic-emergencies-Labrador-Shirley-stops-Rebecca-7-falling-coma.html

レベッカのこの明るい笑顔が、いつまでも消えませんように、と祈っています。

PR

2011/02/14 23:24 | Comments(0) | TrackBack(0) | 犬のニュース

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<岩崎宏美さんが即興で作った、犬の夫婦の歌 | HOME | わさおが、無料バウリンガルiPhoneアプリに登場>>
忍者ブログ[PR]