忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2018/08/21 09:09 |
ペットの冠婚葬祭 その3(お別れ)
私が一番知りたかったのが、ペットとのお別れ・・・

be476d2c.jpeg






ペットの冠婚葬祭まるごと便利帳




この本のタイトル、ペットの冠婚葬祭 その中でやはり最後の時、お別れについて知りたくてこの本を買いました。

ペットの寿命が延びているようですが、やはり人間よりはるかに先にいってしまいます。

うろたえずに最後を看取ってやりたいと思っています。

・ 一番安心する場所、ベッドなどに寝かせてあげる。
・ 手足をいつものように折り曲げてあげる。
・ タオルなどをお湯で湿らせて体を清めてあげる。
・ タオルなどでくるんであげる。

ペットの葬儀スタイル・・・いろいろあります。

・火葬施設を備えた霊園に持ち込む
・遺体を引き取ってもらい、遺骨を届けてもらう
・移動火葬車で、訪問火葬をしてもらう
・本格的な祭壇を設け、通夜を行い、読経のサービスもある。

悪質な業者に気をつけるようにとも、本に書いてありました。

また亡くなったら届け出も必要です。

犬の場合、市町村役場でそれぞれ違うようなので、確認の上届出を提出するようです。


ペットの火葬・・・合同火葬と個別火葬

民間の葬送業者と、自治体による火葬の方法や金額の目安が掲載されています。(285ページ)

ここ長野県の中信地区には、豊科と松本に自治体で火葬してくれるところがあります。

専用の動物炉で火葬しますが、祭壇を設け、花も飾られ最後のお別れの時間もくれます。
遺骨も拾って、骨壷に納めて持ち帰ります。

遺骨はどこへ(安置方法)

・自宅に置く・・自宅の祭壇に安置する飼い主が増えているそうです。
・お墓に・・ペット霊園や寺院に埋葬する。
・納骨堂に安置・・ペット霊園や寺院の納骨スペースに安置する。
・散骨・・ペットが気に入っていた場所、飼い主が気に入っている場所、海や山などにまく。

PR

2010/11/29 09:13 | Comments(0) | TrackBack(0) |

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<ソフトバンクのお父さんカイくんの「勝利のお父さんストラップ」 | HOME | ペットの冠婚葬祭 その2(日々のケア、人畜共通感染症の予防と対策)>>
忍者ブログ[PR]